5cf844c68ac32eaadce8155c5ac8a510

モルモットの寿命は?9割の人が知らない長生きの極意とは?

モルモットはその美しい毛並みと愛らしい表情から、現在ペットとして飼う人が急増しています。

よくハムスターと容姿が似ていることから、さほどハムスターと変わらないと思われがちですが、実はとても愉快で面白い生き物なんです。

 

そんな魅力いっぱいのモルモットとの生活は、慌ただしい私たちの生活に癒しを与えてくれるはず。

しかし、身体の小さなモルモットは飼い方を一歩間違えると、その寿命を大きく縮めてしまうんです。

出来ることなら、可愛いモルモットと長く一緒に生活していきたいものですよね?

 

そこで、モルモットの寿命と長生きさせる極意について紹介していきます。

是非これからモルモットを飼ってみようという方やモルモットを飼い始めて間もない方は参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

 

モルモットの寿命は?

モルモットの平均寿命は、約4年~8年と言われています。

なぜこれだけ寿命に幅があるのかというと、モルモットがまだまだマイナーなペットだということが理由に挙げられます。

 

冒頭にも記述した通り、モルモットは少し飼い方を間違ってしまうだけでその寿命を大きく縮めてしまいます。

正しい飼い方を知っているかそうでないかの違いが、この4年という寿命の差になるわけですね。

 

しかし、残念ながらまだまだマイナーなペットであるがゆえに、9割の飼い主の方が正しい飼い方を知らないというのが現状です。

飼い主としては、やはり少しでも長く可愛いモルモットと生活を共にしたいはず。

是非モルモットと長く生活していくためにも、正しい飼い方を把握して実践してみてください。

 

スポンサードリンク

 

モルモットを長生きさせる極意

では、モルモットを長生きさせるための極意とは、一体どんなことなのか?

それはモルモットの生活の基本である、「衣・食・住」にあります。

  • モルモットの衣とは、モルモットが使用する布製品
  • モルモットの食とは、モルモットに適した餌
  • モルモットの住とは、モルモットの飼育環境(ケージ)

これらを正しく知ることで、モルモットと長く共に生活していくことができるようになりますよ。

 

ここでは、これら「衣・食・住」について紹介していきます。

 

モルモットの衣(布製品)について

モルモットに使用する布製品について紹介していく前に、まずはモルモットの適正な環境温度を知っておく必要があります。

モルモットの適正温度は、約18度~24度。

なので、常にこの適正温度を保つように環境を整えてあげる必要があります。

※体毛がほとんどないスキニーギニアピッグなどの種類の場合は、20度が適温

 

モルモットは一般的に暑さに弱く、寒さに強いと言われています。

しかし、この「寒さに強い」というのは、「暑さよりは寒さに強い」というだけなので、寒い冬場にはしっかりと寒さ対策をしてあげなければなりません。

多くの飼い主の方が「寒さに強いから」と、冬場の寒さ対策が出来ていないというのが現状なのです。

 

そのため、年間を通して暑すぎず寒すぎず、適切な温度を保ってあげる必要があるわけですね。

そこで適切な温度を保つために必要になってくるのが、モルモットの衣、布製品です。

 

モルモットに必要な布製品には、以下のものがあります。

  • ケージの床に敷く床材
  • クッションやタオル
  • ベッドハウス
  • ペット用ヒーター

モルモットの身体を暖めるという意味では、ペット用ヒーターもこれにあたりますね。

 

実はモルモットも人間同様に、春夏秋冬でこれらの布製品を使い分けていかないといけないんです。

夏の暑さ対策や冬の寒さ対策などをしている飼い主の方は多いのですが、それと同じように春や秋も対策していく必要があるんですね。

モルモットに長生きしてもらうためには、このようにモルモットの目線に立って飼育していくことが大切ですよ。

 

 

モルモットの食(餌)について

モルモットに必ず摂取させないといけない栄養素がビタミンC。

というのも、モルモットも人間同様に体内でビタミンCを作りだすことができないからなんです。

そのため、必要な栄養素と共にビタミンCをしっかりと摂るために、モルモット専用のペレットフードとビタミンCが豊富な野菜などを毎食与える必要があります。

これらの餌はモルモットにとっては必要不可欠な餌というわけですね

 

そして、これらの他にもモルモットに必要不可欠な餌はもう一つあります。

それが牧草です。

モルモットはげっ歯類に分類され、生涯前歯が伸び続けてしまう動物です。

それを防ぐためにも牧草を与えるのはとても大切なことなんですね。

 

また、牧草は繊維質が豊富で、モルモットの腸内環境を整えてくれる効果もあります。

そのため、牧草は常にたくさん食べられるようにケージ内に置いておいてあげると良いでしょう。

 

 

 

モルモットの住(ケージ)について

モルモットに適したケージとは何か?

それは、暑さや寒さを凌げるのはもちろん、モルモットが運動不足にならないように十分な広さのあるものが適していると言えるでしょう。

目安としては、ケージ内に給水ボトルやベッドハウス、食事用の器などの飼育グッズを置いても、モルモットが十分に走り回れるくらいの広さのものがベスト。

 

走り回れず動くのもやっとな狭さのケージでは、運動不足になるのはもちろん、ストレスを抱えることになり、健康を害してしまうのも当然です。

極端な話、モルモットのケージは広ければ広いほど良いのです。

ですが実際問題、そんな大きなケージを一般家庭に置けるスペースはあまりないので、自宅で確保できるスペースと相談しながらケージの大きさを決めるのが良いでしょう。

 

モルモットのおすすめケージはこんなところですかね?

是非自分の部屋の広さと置けるケージの大きさを相談して決めてくださいね。

 

 

まとめ

今回はモルモットの寿命と長生きさせる極意について紹介していきました。

  • モルモットの平均寿命は約4年~8年
  • モルモットの適正温度(18度~24度)を常に維持する
  • 春夏秋冬で布製品や暖房器具を使い分ける
  • モルモットにはビタミンCを摂取させる
  • モルモットが運動不足にならないよう広めのケージを用意する

 

モルモットの「衣・食・住」を知ることで、よりモルモットにとって健康で明るい毎日を作っていってあげてくださいね。

是非今後のモルモットの飼育の参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です