5cf844c68ac32eaadce8155c5ac8a510

モルモットのケージ、おすすめの選び方!大きさや安全面は?

モルモットを飼うにあたって必要なのは、住むところ。

いわゆる「ケージ」ですね。

 

そこで、ここではモルモットのケージのおすすめの選び方について紹介していきます。

是非モルモットをこれから飼おうという方は参考にしてみてくださいね。

 

スポンサードリンク

 

モルモットのケージに必要な大きさや高さは?

モルモットは高く飛び上がることができないため、ケージにはそれほど高さは必要ありません。

また、モルモットは長年家畜として飼育されてきたため、大人しく激しい運動も必要ありません。

そのため、ケージはモルモットが穏やかに過ごすための居場所であり、くつろいで寝そべったり食事をすることができるスペースがあれば十分です。

 

飼育するのが1匹の場合、幅60センチ以上、奥行き35センチ以上を確保できれば良いでしょう。

当然ケージ内がさらに広ければ、モルモットはより快適に過ごすことができますよ。

また、高さは後ろ足で立ち上がっても届かない30センチ以上あれば十分です。

ロフトなどが付いたケージも販売されていますが、モルモットが落下して怪我をしてしまう恐れがあるため取り付けないようにしておくのが安全ですよ。

 

金属製のケージを購入するのであれば、ウサギ用や小動物用のケージがおすすめですよ。

衣装ケースでも代用できますが、金属製のケージと比べ、通気性が悪く不衛生になりやすいので注意が必要です。

インターネット通販や一部の小動物専門のペットショップでは海外製のモルモット専用ケージも販売されていますので、気になるケージがあればチェックしてみるのも良いですね。

 

スポンサードリンク

 

モルモットのケージを購入する際のチェックポイント

モルモットのケージを購入するにあたって、チェックしておいた方が良いポイントについてまとめてみました。

チェックしておくべきポイントは以下の5項目。

  • 広さ
  • 高さ
  • 網目
  • 素材

それぞれのポイントについて、見るべき箇所や気を付けておくべきことについて紹介していきます。

 

広さ

床面積は2000cm2以上必要です。

モルモットを1匹だけ飼育するのであれば、幅60㎝以上×奥行35㎝以上あれば十分ですね。

80cmサイズのケージ(約3600㎝2くらい)なら、隠れ家を置いてもモルモットが狭く感じないのでおすすめですよ。

 

高さ

モルモットは高く飛び上がることがないため、そこまで高さのあるケージは必要ありません。

高さ約30㎝以上のケージであれば、どれを選んでもOKです。

 

網目

生後間もないモルモットを飼育する場合、ケージの網のすき間をすり抜けて逃げ出してしまう場合があります。

子供モルモットを飼育する際は、網目のすき間が狭いケージを選ぶと良いでしょう。

 

また、成長してからも手や足、頭を挟んで怪我をしないように、極力網目の広いケージは避けておいた方が良いですね。

 

網目同様に、モルモットが手や足を挟んでしまう恐れがあるため、金網は外しておいた方が安全です。

日中仕事などで留守にすることが多く、衛生を保つためにどうしても金網を使いたいという場合は、網の目が細かいものや網が太いものを選ぶと良いでしょう。

 

素材

金網やプラスチックなど、水分を吸い込みにくく簡単に汚れを落とせるものがおすすめです。

木の箱や段ボール箱などは、汚れが染み込んで不衛生になりやすく、通気性も悪いので避けておいた方が良いでしょう。

 

衣装ケースをモルモットのケージとして使用する場合

モルモットはウサギのように高く跳ぶことはないので、衣装ケースでも十分飼育することは可能です。

しかし、モルモットのケージとして使用する前に、使いやすいように多少改造しておくのがおすすめです。

 

衣装ケースのままだと、給水ボトルを取り付けることができません。

なので、衣装ケースの側面に給水ボトルを取り付けるための穴を開けるようにします。

開けた穴の縁でモルモットが怪我をしないように、開けた穴はヤスリなどで綺麗に削ってあげるようにしてあげてくださいね。

 

次に、通気性を良くするためにフタの一部を切り抜きます。

金網のサイズに合わせてフタの一部を切り抜き、金網を張り付けて通気性を良くします。

モルモットが天井に触れることはないので、100円均一ショップの焼き網などで十分です。

結束バンドなどで留めつけると良いですよ。

 

まとめ

最後に今回紹介したモルモットのケージの選び方について再度まとめていきます。

  • 一匹で飼育する場合、幅60センチ×奥行35センチ×高さ30センチ以上
  • ウサギ用や小動物用の金属製ケージがおすすめ
  • 購入する前に、広さ、高さ、網目、床、素材をチェック
  • 衣装ケースでも代用可能ですが、多少改造が必要

 

ケージはモルモットがこれから生活していく家になります。

安全面や飼いやすさなどからケージを選ぶと良いですよ。

是非ケージを購入する際の参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です