5cf844c68ac32eaadce8155c5ac8a510

モルモットの餌まとめ!量や頻度など、餌を与えるときの注意点

日々の食事は健康の基本です。

そのため、モルモットを健康に育てるためにも、モルモットの餌に関する知識は必要不可欠。

 

ここではモルモットの餌について詳しく記述していきます。

また、モルモットが餌を食べないという場合の原因と対策についても紹介していきますよ。

 

スポンサードリンク

 

食物繊維は、モルモットにとって重要な栄養素

モルモットは馬やウサギと同様、完全草食動物。

そんな草食動物にとって、最も重要な栄養素は食物繊維です。

食物繊維はモルモットのエネルギーのもとで、腸内の健康維持にも欠かせない栄養素なんですね。

 

もし仮に繊維質が少ない餌ばかりを食べていたらどうなるのかというと、モルモットの腸内細菌のバランスはどんどんと崩れていきます。

悪玉菌が増えて善玉菌が減り、盲腸や便秘などの病気を引き起こす原因にもなりかねません。

最悪の場合、腸性毒血症と呼ばれる病気にかかり死んでしまうこともあるんですよ。

それくらいモルモットにとって繊維質は、重要な栄養素なんです。

 

また、モルモットはとても長い消化管を持っていて、繊維質を消化する力はかなりのもの。

なんと繊維質を消化する力はウサギより高く、馬やポニー並みだと言われています。

そのため、たとえあまり運動をしていなくても、多くのエネルギーを消費します。

エネルギーを得るためにはたくさん食べないといけないので、1日の大半は食事に時間を費やすんですよ。

 

モルモットの主食は、牧草

モルモットの健康維持のために食べさせたい食べ物といえば、牧草が挙げられますね。

牧草はモルモットに重要な繊維質が豊富で、低カロリー。

たっぷり食べることで腸内環境を整えることもできます。

しかも適度な固さもあるため、食べるだけで自然と伸びる歯を削ることもできるんですよ。

牧草はモルモットにとって、良いこと尽くしな食べ物なわけです。

 

牧草はイネ科とマメ科の2種類があります。

イネ科の牧草として代表的なのは「チモシー」です。

繊維質がたっぷり含まれており低カロリー、タンパク質やカルシウムの含有率も低めですよ。

 

牧草といえば、チモシーがおすすめ

牧草の代表格といえば、チモシー。

チモシーには「1番刈り」「2番刈り」「3番刈り」があります。

チモシーは春から秋にかけて刈られますが、1番最初に春から夏頃にかけて刈りとったものを「1番刈り」といいます。

その後、夏に入り再び刈りとったものを「2番刈り」。

夏の終わりから秋頃に3度目に刈りとったものは「3番刈り」となります。

 

「1番刈り」は茎が太く、2番刈りや3番刈りに比べてカロリーやカルシウムが低いうえに繊維質が豊富です。

基本的には2番刈り、3番刈りと刈った回数を重ねるごとに、チモシーの茎は細く柔らかくなり、食べやすくなる反面、栄養素は落ちていきますよ。

メインの牧草に最も向いているのは、やはり1番刈りですね。

1番刈りをあまりたくさん食べないときや固い牧草が苦手なモルモットには、2番刈りや3番刈りを与えてあげると良いでしょう。

 

なお、チモシーはアメリカ合衆国やカナダ産の輸入乾燥牧草がよく販売されていますし、北海道を中心に日本全国でも生産されています。

同じチモシーの1番刈りでも、産地やその年の天候、栄養状態などで固さや栄養成分、葉や穂の状態は微妙に変わってきます。

そのため、モルモットが牧草をあまり食べてくれないという場合は、牧草の産地を変えてあげると食べてくれることがありますよ。

 

モルモットのもう一つの主食は、ペレット

牧草とともにモルモットに毎日食べさせてあげたいのが、ペレットです。

ペレットとは、さまざまな材料を粒状に固めたドライフードを指します。

 

牧草は1日中食べ放題ですが、ペレットは基本的には量を計って朝晩の2回与えるようにします。

ペレットの量は、銘柄やモルモットの体調や年齢によって変わってきますが、1日に与えるペレットの量は10~20グラムくらいを目安にしてください。

モルモットを飼い始めた当初は、モルモットがそれまで食べていたペレットと同じ銘柄のものを、同じ分量だけ与えると良いですよ。

 

牧草を食べる量が少ないときや肥満が気になるときなどは、ペレットの量を減らすなどの調整をしてくださいね。

 

必ずモルモット専用のペレットを与える

モルモットには必ずモルモット専用のペレットを与えるようにしてください。

というのも、モルモットは他の動物と異なり、体内でビタミンCを作ることができません。

そのため、必ずモルモット専用のペレットにはビタミンCが含まれているんです。

反対に、他の草食動物用のペレットにはビタミンCはほとんど含まれていないため、それらを食べ続けるとビタミンC欠乏症に陥る可能性がありますよ。

なので、モルモットには必ずモルモット専用のペレットを与えるようにしてくださいね。

 

モルモットにおすすめのペレットについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

是非参考にしてみてください。

モルモットのペレット、おすすめは?正しい保存方法と与え方

 

スポンサードリンク

 

モルモットの副食は、野菜や果物

野菜はビタミンCが摂れて、食べる喜びを感じることができる大事な食材です。

与えすぎると牧草やペレットを食べる量が減ってしまったり、お腹がゆるくなったり、栄養バランスが崩れることもあるので要注意ですよ。

食欲増進にも役立つので、糞の状態を確認しながら朝晩の2回に分けて、適切な量を与えましょう。

 

なお、野菜も果物も表面に農薬が残っている場合があります。

食べさせる場合には、流水でしっかりと洗って、水気をきってから与えるようにしてくださいね。

 

モルモットに与えても良い野菜・果物

ビタミンCが多く含まれる野菜は、小松菜、パプリカ、チンゲン菜、ブロッコリー、トマト(ヘタや葉は与えない)、パセリ、大根の葉、カブの葉などが挙げられます。

ただパセリのようにカルシウム分が多い野菜は、与えすぎに注意が必要です。

栄養が偏らないように、いろいろな野菜を与えて、食いつきが良いものを探してみると良いですよ。

果物のキウイやオレンジ、リンゴからもビタミンCは摂れますが、糖分が多く含まれているので与えすぎに注意します。

 

なお、食べ残して鮮度が落ちるとビタミンCが減るうえに、不衛生なので、食べきれる量だけを与えるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です